海外での電力自由化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本では、遅くても2020年ごろに行われるといわれている電力自由化ですが、海外の一部の国では既に電力自由化が進められています。アメリカやイギリス、ドイツ、イタリアなど、様々な国で電力自由化が行われており、一定の成果を上げている国もいれば、大きなトラブルを起こした国も見られたりと、国ごとに様々な事例が報告されています。日本での電力自由化が、どのような結果を生むかは分かりませんが、全くの前例が無い中始めるよりは、過去の事例がある分、まだ失敗を防ぐ可能性も高いのではないでしょうか。

  • 各国の電力自由化の事例

アメリカでは、1978年に電力卸売りの自由化、2000年に電力の完全自由化が成立し、これにより、多くの電力会社が生まれ、それぞれで独自の事業を展開しましたが、2000年の夏から2001年の冬にかけて、カリフォルニアで電力会社が十分な電力を確保出来なくなってしまい、自由化の動きが一部では停滞しています。さらに、顧客確保に急ぐあまり、送電システムの管理や更新作業がおろそかになってしまい、大規模な停電が発生しています。
EU加盟国では、2007年までに小売市場の全面自由化などが実行され、国ごとに変化を生みました。例えばドイツでは、ベンチャー企業が爆発的に増加して、激しい競争が起こり、イタリアやイギリスでは、大手の電力会社がほとんどのシェアを獲得し、中には海外にまで電力を供給している企業も見られます。

そのほかにも、電力自由化を行った国は数多く存在し、時には大きな成功を収め、中には残念ながら失敗といわざるを得ない結果になった国も存在します。また日本と同様に電力自由化を進めている国もあり、こちらの動向も各国が注目しています。

  • 日本はこれからどうなるか

海外の事例を見ると、電力自由かが決して成功するとは限らないものであることが分かりますが、それでも過去の事例を元に、成功する可能性を高めることが出来るかも知れません。そもそも日本の電力自由化は、まだスタートラインにも立っていない状態で、この時点で成功するかどうかを判断するのは、少々気が早いというものです。

日本の電力自由化は、2018年から2020年ごろまでに行われると予定されています。ひょっとしたら、その間に予定が変更になることもあるかもしれませんが、恐らくはほとんど予定通りに計画は進むでしょう。それまでの間に、過去の事例を参考に、自分たちが電力自由化後、どのように動くべきか、考えておくのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
ページ上部へ戻る