節電を進める上で電気自由化は欠かせないけれど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

電気自由化の最大の目的は電気料金を抑えることにあります。日本はほかの国と比べると電気代が非常に高くなっており、消費者の生活を圧迫させる要因になっているのは間違いありません。

その電気料金が大手電力会社だけでなく、参入してくるどの企業とも契約を結べる電気自由化は、節電をする上でも重要になります。消費者が節電に積極的にならないと電気料金は大幅にアップしてしまいますが、問題となるのは電気料金が上がってしまう可能性があることです。

 

市場価格の形成に委ねられる

今までの電気料金は国の規制があった中で決められていたため、大幅に電気料金がアップすることはありませんでした。しかし、電気自由化によって電気料金は市場価格の形成に委ねられるため、今後の電気料金は下がるとは言われていますが、それはあくまでも予想であり、確実に下がるという訳ではありません。

むしろ、電気料金が上がってしまう可能性も十分にあると言えるのが電気自由化によっての影響です。一般的に販売されている商品のように、電気事業に参入した企業は、企業同士の競争の中でどんどんほかの企業にはないサービスを展開しようとしています。

 

電気自由化で働く側の方どう変わっていくのか

これから多くの企業で電気自由化によって、電気部門を設けて電気事業をおこなっておこうとしていますが、電気料金が市場価格に委ねられるのが大きな問題となると予想できます。
発電設備がただでさえ足りないと言われている中で、発電設備にコストがかかってしまうと、どうしても電気料金をアップしないといけません。そのため、当然その結果によってはもっと電気料金が安い企業と契約をしたいと考える方も多くなってきます。働く側の方は、この影響もあって、給料にも動きがあると考えるのが自然でしょう。

 

電気と一般的な商品は一緒

電気を販売するのは雑貨や食品を扱うのもある意味では一緒と考えることができます。となると、当然電気という商品の売れ行きが悪くなってしまうと業績が悪化します。
その結果、人員整理や給料カットといった影響が出るのは自明の理です。電気という生活には絶対に欠かすことができないものを扱い、その市場が開かれることで働く側の方は、安心安泰というものではなくなってきたのは事実です。

節電をするためや電気料金を抑えるためと言った理由がある中でおこなわれている電気自由化は、働く側にとっても大きな影響があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
  2. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  3. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
ページ上部へ戻る