電気自由化は一部の企業が儲かるだけの仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

産業向けの電気自由化は既にあったものの、家庭や商店の向けの電気の小売り化は初の試みとなる電気自由化は、大手の電力会社とだけしか契約を結ぶことができなかったのが、これからはどの企業とも契約を結ぶことができるというものであり、消費者にとって大きなメリットになるのは、電気料金が安くなることと言われています。

しかし、本当に電気料金が安くなるのかは一概に言えないのが事実です。その理由に挙がられるのが起業同士の競争に敗れる企業も多数生まれるからです。

 

企業同士の競争が国の狙い

日本の電気料金はほかの国と比べると異常に高いのが現状であり、この問題を打破するために電気自由化がスタートします。これから数多くの企業がこの電気事業に参入するようになり、競争が激しくなります。その結果、電気料金を下げないと顧客を獲得できないため、当然競争によっての電気料金の値下げが目立つようになります。

今までは大手の電力会社としか契約を結ぶことができなかったのが、今度は幅広い企業と契約を結ぶことができるため、企業同士の競争が激化し、結果的電気料金は下がると言われています。しかし、これはあくまでも一時的なことと言えるでしょう。

 

競争に敗れる企業が多数生まれる

企業間同士の競争に敗れた企業は、当然顧客を獲得できないため、撤退するという決断をすることになるでしょう。その結果生き残った企業が数社あるのみとなります。知名度ももちろん顧客獲得には必要不可欠なことであり、結局勝ち組となった企業数社が独占をすることになります。

市場のルールが電気自由化によって変わったことで、どの企業にもチャンスがあるとは言われていますが、実際には知名度や財力がある企業が勝ち組になる構図が予想できます。そのため、本当に電気料金が安くなるかは不透明な部分が大きいと言えます。

 

配送電コストが高くなってしまうと

これから配送電は各企業が責任をもっておこなうことになります。そのなると、全体の配送電コストが高くなってしまうと、その負担は消費者が背負うことになります。

今までは国の規制があったからこそ、こういった問題が出た時には、国が対応していました。しかし、これからは各企業が対応しないといけません。当然利益目的に電気事業をおこなっているため、配送電コストが高くなることによって、その負担は消費者が背負うことになり、一概に電気自由化がプラスになるとは言えない理由の一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
  3. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
ページ上部へ戻る