自由になる電力の契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

経済産業省の資源エネルギー庁が進めていた、新たな機関である電力広域運営推進機関が、2015年の4月1日に発足しました。同期間の発足は、電力自由化に先んじて、電力システム改革の一環として行われるものとなっています。大規模災害などによって、特定の地域で電力不足となってしまった際に、供給力に余裕のある、地域外の電力会社に不足した地域へと送電する指示をする権限を持つ機関となっています。

これまで、電力会社間の融通はありましたが、今まで以上に全国規模で電力を共有していこうという目的からこのような機関がつくられました。一年後に迫った、電力自由化への布石ともなっています。従来、各家庭では地域の大手電力会社と契約して、電気供給を受けるということが一般的でしたが、今後は災害時などによって、電力不足となった場合、別の地域の電力会社から、電力が供給されるケースも出てくるでしょう。

この機関の発足の背景にある電力小売りの自由化についてみていきたいと思います。すでに電気の大需要家への電気小売りは、平成12年から参入規制が順次撤廃されており、地域の電力会社以外に、新規参入事業者も電力供給を行っています。そして、平成28年には、課程への小売りも全面自由化され、各家庭は好きな電力会社を選んで供給を受けられるようになります。

電力自由化の効果はすでに出始めています。東京都をはじめとする地方自治体が、地元の電力会社ではない事業者から供給を受けて、電力コストの削減に成功しています。東京都の場合ですと、中部電力系の新電力会社などからの供給を受けることによって、年間で約1億9000万円の削減につながったというデータもあります。

現在ではこのような、自由化がなされている部門のみのデータでしか見ることができませんが、平成28年に施行される電力小売りの自由化によって、一般家庭を含むすべての建物で、供給事業者を自由に選ぶことが可能となります。それによって、上記のような、企業と同様にコストを削減することが可能となるでしょう。今後は事業者間の競争も生まれることによって、市場は大きく変化していくことが予想されています。

このように、電力自由化によって、企業は新しい市場を開発することが出来ますし、消費者は、新規参入した企業の中から自由に洗濯をできるため、さまざまなサービスの中から電力会社を選ぶことが出来ると同時に、企業間での競争によって、そのサービスはさらによいものとなることが予測されています。電力自由化の成功は、さまざまな人にとって大きなメリットをもたらすでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
ページ上部へ戻る