電気の小売りはあくまでのビジネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

電気自由化は2016年にスタートします。その時には数多くの企業が参入し、異業種が参入するのも目立つようになります。

しかし、その企業が本当に地球環境や消費者のためを100%思ってのことではなく、あくまでもビジネスであるということを理解しないといけません。消費者にとってのメリットは多々あると同時に、この電気事業で成功した企業にも大きな旨みがあります。消費者はこれからどの企業とも契約を結ぶことができるようになります。逆に言えば、選択が必要になるということであり、難しくなる部分もあるのです。

  • ニーズにマッチしている契約を結ぶことができる

単純に電気料金が安く企業と選択をするのも良い選択であるとともに、セットプランの選択の幅も広いです。

ガス会社と契約を結ぶと、ガス料金が安くなるといったように、セットでのプランが多々登場します。生活をする上で絶対に活用するものであれば、単に電気代を安くする以外にも、選択肢は生まれるでしょう。幅広い企業と選択ができるようになるため、選択を間違えてしまう方もいるかもしれません。ニーズにマッチしている契約を結ぶことができるためには、安易に考えず、慎重に考えることも必要になります。

  • 火力時発電はコストが高い

数多くの企業が参入する中で、火力発電の頼らないといけないことは多くなってきます。火力発電はコストが高いというデメリットがあるため、電気自由化直後では問題がなくても、今後コストが高くなったという理由で電気代が大幅に高くなるという可能性は否定できません。

企業は当然利益を追求しての事業をおこなっています。その中で火力発電のコストが高くなると、そのしわ寄せは消費者にいくことになります。市場価格に左右されることになるため、いつどこで電気代が全体で高くなってしまうかは不透明な部分が多々あります。

  • 企業同士の競争の末に

電気自由化での企業同士の競争は激しいものになります。その末には当然競争に敗れる企業も多くなっていくでしょう。

その企業と契約を結んでいる方は、損をしてしまう可能性があるため、今後競争に勝ち抜いていける企業を選択するのも一つの手になります。消費者にとって、企業同士の競争は大歓迎になりますが、敗れた企業と契約をしていると、決められた期間解約ができないということもあります。目の前のことだけでなく、今後も含めて契約ができるかどうかを考える必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
ページ上部へ戻る