電力の自由化とは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近になって、注目されつつあるのが電力の自由化である。

そもそも電力の自由化とはなにか、主な概要としては、政府が閣議決定した、経済構造の変革と創造のためのプログラムと、同行動計計画の中で電気事業の高コスト構造是正が経済構造改革の主要課題の一つという位置づけで、電気事業審議会基本政策部会で検討され始めたのが始まりであり、その結果、電力小売りの自由化、電力事業への新規参入、送電ネットワークへの原則自由が認められたということである。

電力の自由化が始まったことについての問題はないのだが、現在の日本では、電力の自由化による恩恵はほとんど見ることができない。

こういったことに対しての主な原因とされるものが、いくつかあり、新規事業参入業者が参入しやすくなった反面、電力会社が送電線の保守管理を行う経費を負担するという電力会社の利益を圧迫しかねないということが一つ、ほかにも、核燃料リサイクルについての問題がある。これについては、どこの自治体でも、核燃料廃棄物処理場の建設が進められず、核燃料リサイクル問題が行き詰っている状況である。

しかし、このようなときの中でも、電力の自由化を受け入れることにより、自由化の対象が一般家庭まで広め、安価で環境に優しい原子力発電を主流に進めていきたいという話題もあった。だが、原子力問題についてのマイナス面を浮き彫りにし、政府の支援を受けようとしている動きもみられるため、結局のところは、うまく自由化は進んでいない。

しかし、電気とガスの総合エネルギーのサービス化が進むとその限りではない。近年では、電気やガスの枠組みを超えたエネルギーの提供サービスが多様化しつつある。

主に、イギリスでこれは実現されているのだが、電気、ガス、通信をワンセットにすることで、料金を割安にするなど、消費者側が買い求めやすい価格での提供を可能にしている。電気事業とガス事業が完全に自由化されてしまうと、日本の場合では、ガス会社との提携を行う電気会社が電気事業に参入してくるために、新規事業参入者が参入しにくいというデメリットが生れてしまうといった問題が発生してくる。

こういった問題が解決されない限りは、電気の自由化による利益を実感することは難しくなってくるであろう。このように、国民には一見すると電気の自由化による恩恵は大きいように思えるが、その実情は、一部では電気料金が値あがったりと、恩恵は感じられにくいのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
  3. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
ページ上部へ戻る