電力自由化の推移

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本では2016年に電力の全面自由化がおこなわれることになります。今回行われる電力自由化というのは、電力事業に関して、今まであった市場参入の規制を緩和することで、新しい企業が電力業界に新規参入することが出来るようにして市場競争を導入することで、電気料金の小売価格の低下を狙ったものです。これによって、地域独占などが緩和されるため、既存の電力会社以外の企業の電力分野への新規参入が促進されて企業や個人は電力を消費する上で選択肢が増えることとなるでしょう。
これまでは、電気の小売りは地域ごとに会社が決められており、その地域に住む人は、電力会社を選ぶことはできませんでした。この状況を見直して、異業種からの参入を促進して市場競争を活発化させることによる電気料金の抑制を目的として電力の自由化がスタートしました。
最初に始まったのは2000年の3月です。この規制緩和によって、特別高圧とされる2000KW以上の自由化がおこなわれました。これにより、一部の大きなビルや工場限定で、電力を新規参入した電力会社から購入することが可能となりました。その後、2004年には500KW 以上、2005年には50KW以上と徐々に規制が緩和されており、現在ではコンビニほどの大きさの建物も、電力会社の契約を変更することが可能となっています。そして自由化開始から15年の間に、全国の小中学校や市役所といった自治体や、会社用の建物を持つさまざまな企業が、新しい電力を選択するようになりました。しかしながら、今現在も、電気使用量があまり多くない一般家庭は自由化の対象外のままであり、電力会社を選ぶ自由はありません。しかし、2016年に、電力の全面自由化がおこなわれるので、これによって、すべての人が、電力を購入する電力会社を選ぶことが出来るようになります。電力の全面自由化が開始する2016年4月以降では、一般家庭やこれまで指定以下の電力であった小規模店舗にまで電力の自由化が適応されますので、これからはサービス内容や価格、その他の企業が持っている特徴をもとにして、それぞれ自分たちに合った電力会社を選ぶことが出来るようになるのです。このように、2000年3月に始まった電力自由化は段階を経てついに、2016年に完了することとなります。今まで個人には関係のない話であった電力自由化ですが、これによって電力の消費者全員に大きく関係のある話となりますので、注目するべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
  2. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
  3. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
ページ上部へ戻る