電力自由化によって目指す目標

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2016年3月に施行予定の電力の全面自由化は、東日本大震災によって起こった原発事故や、電力の供給不足に起因しています。これをきっかけに、従来の電力の仕組みの矛盾や限界が浮き彫りとなり、電気事業の体制や制度的な枠組みを見直すため、議論が行われてきました。その議論に基づいて、電力システムに関する改革方針が閣議決定されました。この改革には三つの目標が設定されています。

ひとつ目は、電力の安定供給の確保です。東日本大震災後に、原子力発電が停止状態となったため、火力発電が中心となりました。また、風力や太陽光発電といった、再生可能エネルギーの重要性も認識されました。しかし、再生可能エネルギーは天候や日照時間など、不確定なものに左右される場合が多く、その出力は変動するものとなっています。そのため、このような出力が変動する電力を取り込んでも安定した供給が出来るような仕組みの実現と、ある地域で電力の供給が不足したときに、円滑に電力を融通する仕組みを構築することになりました。

ふたつ目の目標は、電気料金の抑制です。火力発電が中心になる中で、燃料費の輸入コストが大きくなったため、各地で電気料金の値上げが行われました。このため、発電事業に市場競争を導入することで、事業者同士の競争を促進して、電気料金を最大限抑制することを目標としました。
三つ目の目標は、消費者側の選択肢を増やすことと、事業者のビジネスチャンスの拡大です。電気事業という大きな市場を開放することで、さまざまな企業の新規参入を促します。自由に設定することのできる電気料金プランや、どのような電力発電の方法をとっているのかなど、企業によってさまざまなものとなるため、消費者の選択肢も増えることとなります。このような環境をつくることも目標とされています。

政府によって打ち上げられた、これらの目標を達成するために行われる改革が電力自由化です。今回の2016年3月に行われる電力自由化では、広域系統運営機関の設立、電力小売りの全面的な自由化、送配電部門の別会社化という三本柱によって、上記の目標を達成しようと考えられています。電力自由化が成功すれば、消費者はより安く、質の良いサービスを受けられるようになりますし、事業者は、新しい市場を開拓することが出来ますので、そうほうにとって大きな恩恵が得られるでしょう。この三本柱がしっかりと機能するかどうかが、今回の電力自由化の肝となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
  2. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
ページ上部へ戻る