電力小売り全面自由化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2015年4月から始まった電力システム改革を機に、エネルギー産業は史上最大の転換期へと突入していくことになります。電力会社の地域独占体制が崩れる一方で、ガス市場の開放と石油市場の縮小、水素エネルギーの拡大が進み、覇権争いは一気に激しくなることが予想されます。エネルギー業界では、多様なエネルギーを安価に供給することが出来る、総合力の勝負となるでしょう。

これから2020年までの間に、日本のエネルギー産業の構造は大きく変わっていくでしょう。全体で約20兆円にも上る電力の市場が2016年四月から全面的に自由化するのに続いて、その1年後にはガスの市場も開放する見込みとなっています。新たに再生可能エネルギーや水素エネルギーなどによる発電事業は広がっており、石油会社をはじめ、成熟産業の大手が巨大な電力市場に参入を開始しています。

電力市場の自由化は、企業向けを対象として2000年から始まりましたが、最初の電力自由化から15年たった現在でも全国で10社の電力会社が95パーセントのシェアを握っています。そうした独占体制を抜本的に変える、電力システム改革が、2015年4月から、3段階に分けて進められていくこととなっています。おそくとも2020年までには、電力会社を解体して、全国各地で多数の事業者が発電と小売りの自由競争を行う状態にすることを目標としています。

電力システム改革で大きな節目になるのは、2016年4月に実施する小売全面自由化です。これまでは電力会社にしか認められていなかった、家庭向けの電力の小売りの市場が開放されることになります。市場規模は7.5兆円で、契約者数は8400万を超えるとされています。すでに2014年末の時点で468社が新電力の登録を済ませて、家庭を対象とした電気の小売り事業の準備を進めています。

自由化の波は企業向けの市場にも拡大していきます。それは、発電事業者が増えた結果、小売り事業者は販売する電力を確保しやすくなるからです。これまでは企業向けに大量の電力を供給できなかった小売り事業者の多くが、電力会社以外の発電事業者から電力を安く調達することが可能となります。電力会社から新電力へ契約を切り替える動きは自治体を中心として広まりつつあります。しかも、小売りだけではなく、発電の領域にまで、電力会社から、新電力へと切り替わる動きが見られます。さまざまな自治体で、電力会社から新電力へと切り替えることによるメリットがみられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
  2. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
ページ上部へ戻る