電力自由化と再生可能エネルギーの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

環境問題や原子力発電が問題視されている現代社会において、太陽光や風力発電といった、再生可能エネルギーに対する注目度が高まっています。これまでの日本の電気事業の制度においては、再生可能エネルギーを運用困難なものとするものがありました。しかしながら、今回の電力小売りの全面自由化によって、電気事業の状況や環境が変わることで、このエネルギーの運用が比較的簡易なものとなる可能性があります。そのため、電力自由化と再生可能エネルギーは、関係性の深いものとなっています。
電力自由化によって、従来の供給エリア以外にも、広域的な供給をすることが可能となるほか、新規参入会社の増加に伴って市場が拡大し、需給調整も高度化することが予測されます。このような変化によって、余剰になってしまった電力を、地域外に販売することが出来たり、より細かい調整が可能になったりした場合、再生可能エネルギーの受け入れ余地が広がる可能性もあります。太陽光発電や風力発電は、天候によって発電することのできる出力が大きく左右されたり、その発電に適した地域でしか十分な量の電力を発電することが出来なかったりするという問題があります。上記のような電力自由化による電気事業の環境の変化で、変動する出力を地域間で補ったり、地域同士の電力会社で連携を行ったりすることで、これらの問題を解決することが出来るかもしれません。
また、電力会社に対して課されていたさまざまな義務が無くなることも、再生可能エネルギーを後押しする可能性があります。小さな規模で電気事業を営めるということは、広いエリアに最適化することを求められていた、既存の地域電力会社には難しかった選択肢を許容することにもつながるでしょう。例えば、バイオマスなどの発電方法により、小規模な発電所であっても、血産地小の形で電力供給が行える可能性も出てきます。また、バランシンググループと呼ばれる、複数の再生可能エネルギー事業者の発電所がお互いに補完し合う契約を結ぶことによって弱点を解消する動きも、バランシンググループそのものが電力を直接販売出来るようになることで、より活発なものになるでしょう。
このように、電力小売りの全面自由化によって、再生可能エネルギーの分野が多いに発展するということが十分に考えられます。再生可能エネルギーの発展は、さまざまな現代社会における問題を解決することとなりますので、これらについての関心度は高いものとなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
  3. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
ページ上部へ戻る