再生可能エネルギーと電力自由化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2016年の規制緩和により、電力小売りが全面自由化されると、発電事業への新規参入をする企業が増えることとなります。その中には太陽光や風力などの再生可能エネルギーによる発電事業者もいるでしょう。企業ごとに違う電源を使うことにより、電源の種類が増えることで、環境面を考慮した再生可能エネルギーで発電された電気を使うことを希望する消費者も現れるでしょう。今回の規制緩和によって、消費者はこのような選択をする権利を得ることが出来ます。一方で、再生可能エネルギーの中には、他の電源と異なって、気候や自然の状況に応じて発電量が変動するため、常に安定した供給を得ることが難しいものもあります。
再生可能エネルギーの例として、太陽光や風力、地熱、水力、潮力、バイオマスなど、さまざまな自然現象から電力を発電することが出来ます。つまり、再生可能エネルギーとは、人間の営みが消費するよりも早い速度で補充されるエネルギー源や、そこから作られた電力のことを言います。
上記の再生可能エネルギーのうち、太陽光と風力から発電される電気は、火力や原子力などの、現状の発電による他の電源とは異なって性質を持っています。その最大の特徴は、時間帯や状況によって発電される電気の量の変動が大きいということです。太陽光と風力は天候に依存する部分が大きいので、短い単位で見たときに出力が安定していません。とくに太陽光に関しては、夜間に発電することが全くできないものとなっており、条件の良い時間は限られます。短時間での出力が安定しなければ、電力系統システムで最も重要である、同時同量を達成することが困難となりますので、需給調整に失敗する恐れがあります。発電する場所についても、地域によって、向き不向きが別れてしまうという特徴があります。要するに、発電の適地が偏在しているといえるでしょう。太陽光や風力の発電所は、設置に広い面積を必要とするため、既存の送配電網から遠く離れた場所に位置しているケースも多く、送電のためのインフラを新たに整備する必要が出てくるでしょう。
自然可能エネルギーは、環境問題や、原子力発電の問題について重要視されている現代社会において、非常に注目度の高いエネルギーとなっています。このエネルギーを有効活用しようという研究は日々進んでいますので、これからさらにこれに対する関心は高まっていくでしょう。電力自由化によって、これらのエネルギーを使う企業が出てきた場合、上記のような課題の解決が重要となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
  2. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  3. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
ページ上部へ戻る