電力自由化がおこなわれる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これまで電気事業において市場参入の規制がなされていた理由は、電力産業には規模の経済があると考えられていたことが挙げられます。そのため、多くの国で電力会社に地域独占を認めて、その代わりに料金を規制することで、独占による電力価格の高騰を避けてきました。規模の経済というのは、物を大量生産することによって、生産物を作るためのコストを下げることを言います。要するに、電力は、一定の規模以上で生産することにより、その生産コストを下げることが出来るため、その力を持つ電力会社に地域独占を認めて、電力を大量生産することで、安く電力を供給することが出来ていたということです。しかしながら、ふたつの環境変化によって、電力産業においての地域独占の必要性が無くなりました。
ひとつ目の理由として、上記にある、規模の経済が、発電において重要性を無くしたということがあります。現在では、個々の発電所の発電能力に比べて需要規模が十分大きなものとなっているため、規模の経済が無くなっています。その原因の一つが、ガスタービン発電などによって、小規模で安く発電が出来る技術進歩がなされたことが挙げられます。もうひとつの原因は、多くの国で単純に電力需要が増加したため、個々の発電所の生産規模に比べて電力市場が大きくなったことです。このため、多くの発電事業者が競争的に電力供給に参加できることになりました。
もうひとつの理由として、情報通信技術の発達により、分散的な発電が可能となったことがあります。発電に関する競争が導入された場合、多くの需要家と供給化による需要供給を瞬時に調整する必要があります。このため、情報通信技術が発達する以前は、電力会社内の閉鎖的な世界でしなければ、能率的に宮殿指令を行うことはできませんでした。しかしながら、情報通信技術の発達によって、分散的な市場参加者間の需要と供給の調整が可能となっています。
この二つの理由から、発電事業における、地域独占の必要性が無くなったため、発電に関する競争が導入できるようになりました。そのため、電力の自由化を行うことが出来るようになり、このたびこれが行われています。ただし、送電配網に関しては、今でも規模の経済があるため、発電事業の自由化後も、送電配網提供サービスに関しては、従来通り独占のまま残すことになっています。まとめると、上記のような環境変化が起こったため、電力事業において市場競争を行えるようになり、そこで電力の自由化が行われたということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
  2. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
  3. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
ページ上部へ戻る