比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

多すぎて困る

一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。
広域的運営推進機関によると、電力会社を切り替えた人(家庭)の件数は5月6日の時点で84万件を上回っています。
84万件と言っても全国の世帯数の2%に満たない数字なので、まだほとんどの人は切り替えを行っていないことになります。

まだ切り替えていない人の中には「今は様子を見る」と考える方がたくさんいるでしょう。
参入している電気事業者が多すぎて、どこの電気を買えばいいかわからないという方も多いはずです。
数ある電気を比べるときに、つい頼りにしてしまうのが「比較サイト」です。

比較サイトでは正確に比べられない?

電気の比較サイトはいくつかありますが、自分の住んでいるエリア等の少ない情報を打ち込むだけで、自分にとっておトクな電気がランキング形式で表示されるものが多いです。
自分にとって1番おトクな電気を簡単に調べられることが比較サイトの良いところです。

しかし、比較サイトだけではわからないこともたくさんあります。
電気を販売している会社の多くは、単純な電気料金以外にもおトクなサービスやキャンペーンを打ち出しています。
現状の比較サイトでは、その全てを反映させているものはありません。
そもそも比較サイトに反映さえることが難しいサービス・キャンペーンもあります。

つまり、比較サイトで1番になっている電気が、必ずしも自分にとって1番の電気とは限らない
のです。

電力FAがオススメする電気の選び方

比較サイトに頼らない電気の選び方をご紹介します。
まず、選択肢を徐々に絞ってみましょう。
始めは自分が住んでいる地域で選べる電気を絞ります。多くても30社程まで絞れるでしょう。

その後は、自分がおトクにならなそうな電気を選択肢から外していきましょう。
例えば、
・ソフトバンクのスマートフォンを使っている人はソフトバンクの電気は選択肢に残し、auの電気は選択肢から外す。
・車はほとんど乗らないからガソリン系のENEOSや昭和シェルの電気は選択肢から外す。
といった方法で、自分がその電気のおトクさに当てはまるかどうかで選別していきましょう。

絞りこんだ後で選択肢に残った電気について、できるだけ自力で調べてみましょう。
電気の実際のおトクさや、考え方・活動に共感できる電気等、自分で調べなければわからないこともたくさんあります。
電力FAでも各社にインタビューを行い、おトクさやこだわり等についてまとめているので参考にしてみて下さい。
調べた中で、自分が納得できる電気に切り替えてみましょう。

もし仮に切り替えた後に自分が選んだ電気以上に良い電気が見つかったとしても、その時また切り替えればいいのです。
電力自由化はこれからも続くのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
  3. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
ページ上部へ戻る