電気自由化で既存の電力会社の社員への影響とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

電気自由化が消費者にとって様々な影響があるのかといったことはすでにご存じの方は少なくないでしょう。しかし、既存の電力会社への影響についてはあまりメディアで報じられることがないのが事実であり、この部分について知りたいと思う方も少なくないはずです。

今現在で働いている方はもちろん、これから就職活動をおこなう方にとっても知りたいことと言えるでしょう。

電気自由化によって配送電分離が進む中で、既存の電力社員への影響を知ることが、今後の人生で大きな分かれ道になる可能性も十分にあります。

 

リストラの可能性は高くなるのか

これから既存の電力会社が市場を独占するという訳ではなくなります。そのため、当然既存の電力会社への影響はあり、リストラについても考える方が多くなるでしょう。

しかし、電力会社の社員の多くは、送電部門に配置されており、配送電分離をしたとしても、送電設備が減る訳ではありません。

したがって、参入する企業が多くなると設備が複雑化し、送電設備は逆多くなるため、リストラが多くなる要因とはなりません。発電部門は競争が激しくなり、社員が余剰気味になるのは間違いありませんが、今後増やすことをしなければ、徐々に社員数は整っていきます。

 

技術者が今後重宝される存在に

数多くの企業が参入する中で、重要になってくるのが技術者の存在です。技術者がいないと送配電をうまくできないのは自明の理であり、今後技術者が重宝されるようになります。

これは既存の電力会社だけでなく、これから新規参入をしてくる企業においても同様であり、技術者として転職をしやすい状況になるのは間違いありません。

どの企業でも送配電に関する技術や資格を所得している方は欲しいと考えるのが自然であり、関係している資格を有しておくと、働き先に困らなくなると言っても過言ではありません。

 

出向が多くなる可能性が高くなる

リストラではありませんが、今後既存の電力会社においては、出向が多くなる可能性が高まります。新規参入する発電事業者が増加する影響により、既存の電力会社はコスト削減について考えることになります。

となると、当然出向先で必要な場所に人員を配置し、コスト削減と費用対効果を考えることになります。既存の電力会社で起こると予想されることはこういったことであり、厳しい状況になっていくのは間違いありません。

そもそも今までが何もせずとも国がお膳立てをしてくれた状況であったのが大きな問題でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
  2. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
  3. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
ページ上部へ戻る