電力自由化とエネルギー産業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2020年までに行われる予定の電力自由化は、電力事業の参入をより自由に行うために計画されており、既に多くの企業が、電力事業への参入に向けて行動を開始しています。

そうした企業の中には、ガス会社や石油会社といった、エネルギー産業に関連した企業も多く見られ、これから先、エネルギー産業を取り巻く環境も、大きく変化していくだろうといわれています。

エネルギー産業の変化は、電力会社にも大きな影響を与えており、一部の電力会社では、既に多くのガス会社と接触して、共同事業に乗り出したりと、今までとは違った経営戦略で、大きな利益を発生させようと計画しています。

こうした取り組むが積極的に行われることで、実際に電気を利用する国民の生活がどのように変化していくのか、非常に大きな注目を集めています。

 

電力事業を始める企業

電力自由化に伴い、石油会社の一部では、新たに電力事業を開始しようと動き出しています。

特に注目されているのが、石油会社独自の発電所の建設で、自社から石油などの燃料を用意することが出来る事から、よりコストを抑えつつ発電することが出来るのではといわれています。

さらに古くなった発電施設を買い取り、修復して新たに使う計画も持ち上がっており、こちらの方法なら、初期投資に掛ける費用も大きく抑えることが出来ます。

ガス会社でも、同様に発電施設の建設に取り組んでいます。

ガスによる発電施設を、脱原発の動きが激しい福島に建設したり、シェールガス開発計画に参加し、より低コストで燃料を確保できる環境づくりを目指したりと、新しい事業にチャレンジしつつも、過去のノウハウも最大限に活かせるような発展を目指しています。

 

電力会社との共同事業

一から電力事業に挑戦する企業もあれば、中には電力会社と協力して事業に取り組もうとしている石油会社やガス会社も存在します。

最も代表的な取り組みだと、電力とガスの両方を購入できるサービスを提供し、それぞれ単体で利用するよりも、料金を引き下げるなどのサービスを加えるなど、今までの電気やガスの販売方法をそのまま使えるよう、新しいサービスを考案しています。

ガス会社は、日本におよそ200社もあるため、各社が独自の方法で利益を上げるために活動しており、他にも様々なプランが提案されています。

電力自由化は、電力会社以外のエネルギー産業も動かす、非常に大きなプロジェクトです。ほんの数年後は始まる大きな変化に対応するためにも、情報収集は欠かさず行いたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  2. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
  3. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
ページ上部へ戻る