電力自由化とは、またそのメリットは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

電力自由化とは、いままで自然独占されてきた電気事業においての市場参入規制を緩和して、市場競争を導入することです。主な目的は、電気料金の引き下げや、電気事業における資源配分の効率化を進めることです。今まで、電力というのは、大量に生産をすることで、その生産コストを抑えることが出来るという、規模の経済があると考えられてきたため、電力会社による地域独占が認められていました。そちらの方が結果的に電力を安く供給できると考えられていたためです。しかしながら、さまざまな環境変化に伴って、電力における規模の経済が無くなったため、このたび電力事業において電力自由化を行って市場競争を行わせることとなりました。
具体的に行われる内容としては、誰でも電力供給者になることが出来るということ、どの供給事業者からでも電力を買えるようにするということ、誰でもどこへでも既設の送配電網を使って電気を送配電出来るようにするということ、既存の電力会社の発電部門と送電部門を切り離すことで、競争環境を整えるということ、電力卸売市場の整備などがあります。これらによって、だれでも電力事業に参入することが出来るようになり、電力業界に市場競争を導入することになります。
電力自由化では、ふたつのルート電気料金を引き下げることになると考えられています。ひとつ目は、従来の総括原価主義の規制下のように、無駄なコストまで料金に上乗せすることが出来なくなるという点です。半面では、コストを引き下げた企業はその分利潤を増大することが出来ます。このため、競争によって発電コストが下がることとなると考えられています。次はふたつ目のルートです。市場競争によって、電力料金が需要と供給のバランスによってきまるようになれば、夏のピーク時間帯の電力料金は高くなります。夏が暑い日本では、夏の冷房電力需要量が大きく、このピーク時間帯の需要に備えて過大な送電や発電の設備がつくられてきました。市場原理によって、値段が上がれば需要は少ないものとなりますので、このピーク時間帯の需要量が規制前に比べて小さいものとなるでしょう。そのため、規制前のような過大な設備は不要になり、ピーク時以外の時間帯の電力料金が大幅に引き下げられることとなると考えられています。このようなルートによって、電力自由化によって電力事業が市場競争を行った場合に、電力料金が引き下げられると考えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
  3. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
ページ上部へ戻る