電力自由化後の災害への対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

電力自由化によって参入企業にとっては新たな事業開拓に挑戦できるようになり、個人にとっては選択肢が広がることで光熱費を抑えたり、様々なサービスを受けられるようになったりと、様々な利点がありますが、だからといって全く問題がないというわけではありません。

特に自由競争による弊害は、大きな課題として取り上げられることが多く、特に日本では、災害への対処法について議論が繰り返されています。
東日本大震災によって、日本では様々な被害が発生しましたが、その際停電した地域も少なくありませんでした。

電力会社がごく限られている今なら、復旧作業も余裕を持って行うことが出来ますが、電力自由化後は、同じような対策を取ることが出来るのでしょうか。

 

電力自由化後にトラブルが発生したら

電力自由化後は、電力会社を個人で決められるようになりますが、それに伴い、トラブルの対処を各電力会社が独自に行う必要が出てきます。

問題視されているのは、災害時のトラブル復旧と、トラブルが発生した時のバックアップを用意できなくなるという点で、小規模な電力会社に契約した場合、バックアップ用電源を確保できなかったり、はじめから用意しないで、顧客獲得にだけ気を回すケースが多発することになるのではという意見も多く上がっています。

特に災害時は物や人の移動も難しく、情報も上手く伝わらないことも珍しくないので、事態がより深刻になる可能性も否定できません。

災害は当然予測することは難しく、顧客の確保を優先している時期に発生する可能性もゼロではありません。

安定して電力供給が出来る地盤が作れない電力会社が増えるだけなら、電力自由化が行われたとしても、いざという時に必ず大きなトラブルに見舞われるでしょう。

 

災害対策はできるのか

電力自由化による災害対策については、はっきり言って課題が非常に多く、解決にはまだまだ時間が掛かりそうです。

単純に災害対策をしっかりするといっても、そのための費用を確保するためには、間違いなく電気料金を値上げする必要が出てくるでしょうが、そうなるとわざわざ電力自由化した意味がなくなります。

だからといって、いざという時の準備が出来ていないまま、見切り発車の状態で設備を用意してしまえば、予測不可能なトラブルが発生した時、取り返しの付かない被害を出すことになるでしょう。

こうした問題をクリアしない限りは、電力自由化の利点が発揮されることは無いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
  3. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
ページ上部へ戻る