電力自由化と停電

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

電力自由化が行われると、電気を買う先を自由に選ぶことができるようになります。

今までは地域ごとに大手電力会社がそれぞれの家庭に電気を供給していました。

これからはたくさんの会社が、それぞれ契約した家庭に電気を供給できるようになります。

契約している新電力会社で何かトラブルがあったりすると、突然停電してしまうことがあるのでは?と不安に思う方もいるのではないでしょうか。

確かに気になるところです。自由化によって今まで安定していた電力供給がガタガタになってしまっては元も子もないですね。

では、実際にはどうなのでしょうか?

 

電力会社が倒産した場合は?

電気は配送電部門である一般送配電事業者がバランスを取ってくれています。電力は、地域ごとに需要と供給が1:1に保たれていなければいけません。その1:1のバランスは奇跡によって保たれているのではなく、一般送配電事業者が調整して1:1に保っているのです。多くの電力会社が電気を供給しても、この1:1のバランスは変わりません。

このバランスが保たれている限り、消費者は安定して電気を受け取れます。

もしも自分が契約している電力会社が倒産してしまっても、それが原因で停電することはありません。この場合、代わりに一般送配電事業者が電気を送ってくれます。

しかし、電力会社が倒産してしまった場合は、できるだけ早く次の電力会社を選んで契約しないと大変です。

なぜなら、次の電力会社を選ぶまでの間は一般送配電事業者と直接契約をすることになり、直接電力の小売り会社と契約することにはならないからです。別の電力会社と契約するまでの間、電力会社の割引きサービス等を受けられなくなります。

 

停電のリスクは増えない

新規の電力会社でトラブルがあり、その会社からの電気の供給が一時的に止まってしまったとします。そうなると、一般送配電事業者が足りない分を供給して調整します。需要と供給は1:1で保たれたままなので、どこかの家庭では停電する、といった事態にはなりません。

つまり、停電のリスクが電力自由化によって増えることはありません。

ただ、電力会社で何らかのトラブルが起きて電気の供給が止まったとき、契約内容によっては料金が高くなる可能性もあります。会社が倒産してしまえば、別の会社と契約するまでは不本意な電気料金になることもあります。

そういった面では電力会社は慎重に選ばないといけませんが、電力会社の選択次第で停電のリスクが高まるということはありません。

 

3月11日

5年前の今日、東日本大震災による大規模な停電がありました。電気が使えることの大切さが身に染みる日々でした。

電気は今や生活をする上で欠かすことのできないものです。電気の安定供給は電力自由化した後も、大切なテーマとしてあり続けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-5-31

    未来の暮らしにフィットする!? 発電方法にこだわるソフトバンクでんきのプラン

    電力自由化で期待することと言えば、まず「安い電気料金」が挙がるでしょう。 おトクな電気の料金プラン…
  2. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
ページ上部へ戻る