電力自由化+太陽光発電=儲かる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2016年4月に、いよいよ電力自由化がスタートします。

自分の選んだ企業から電気を買うことができるようになります。

今までは当たり前のように地域の電力会社から電気を買っていたので、不思議な感じがする方もいるかもしれませんね。

ところで、電気と言えば自分の家で発電ができる太陽光発電があります。

電力自由化がスタートするにあたって、太陽光発電に興味を持つという方もいるのではないでしょうか。

実は、家庭での太陽光発電もお得になるかもしれないのです。

 

太陽光発電について

太陽光発電は一般の方でもできる発電方法です。屋根などに太陽電池を取り付けて、太陽の光から電気をつくります。
太陽光発電で作った電気は自分の家の電気として使ったり、電力会社に売ったりできるんです。

今までは、電力会社と言えば東京電力などの大手電力会社しかありませんでしたが、これからは多くの会社が電力事業に乗り出し始めます。そして、「電気を買います」という会社があれば、そこに電気を売ることはできるのです。

電力自由化によって、電気を売る相手の選択肢も生まれてくるというわけです。

 

電力会社にしか売れない

売る相手を選べるようにはなるものの、一般の方が太陽電池で発電した電気は、直接顧客に販売することはできません。

事業として売電を行う場合は、小売電気事業者として登録をしなければいけません。無登録の場合は、消費者への電気の売買は違法になってしまうんです。

そのため、安定供給できる電力会社に電気を売る、という形が基本となります。

 

固定価格買取制度

今はまだ電力自由化が始まっていないので、太陽光発電をされている方のほとんどが、固定価格買取制度で定められた価格で大手電力会社に電気を売っているのではないでしょうか。

「固定価格買取制度(FIT制度)」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する制度です。この制度によって、太陽光発電で生まれた電気は一定の期間(10kW未満なら10年間、10kW以上は20年間)は定められた価格で買い取ることが保証されています。

電力自由化によって何が変わる?

電力自由化が始まることによって「電気を買います!」という事業者も増えてきます。
中には、「太陽光発電をより高い価格で買い取ります!」という新電力会社も増えてきています。
一般の方でも安定供給できる電力会社に電気を売ることはできますし、固定価格が適用される期間であれば固定価格より安くなることはありません。

もし高く買ってくれるところが見つかればラッキーなので、電気の買い取りをしている企業に問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ドコモ光

2分でわかる電力自由化

実は簡単!2分でわかる電力自由化

スタッフおすすめ記事

  1. 夏のピークに向けて 電気代は電気を使った分だけ高くなり、季節によって電気を使う量は異なります。 …
  2. 電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 新入生、入学 4月6日、新しい季節の始まりを告げるように各所で桜が咲いているのが見られます。 今…
  4. 電力自由化が始まることは知っていても、実際にどうしたらいいの?と迷っている人は多いようです。 …
  5. 電力FA(フリーエージェント)編集部は3月15日、電力自由化に関する世論調査を都内で実施しました。電…

ピックアップ記事

  1. 2016-4-5

    実は少ない?セットプランの選び方【電力自由化】

    闇雲に探すだけでは見つからない? ついに始まった電力自由化。これからは自分で電気を選んで買うことが…
  2. 2016-4-8

    電力自由化の要!主婦たちの意見はいかに?

    電力FA編集部は埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン前で、お買い物に来た主婦の方をターゲットに電力自…
  3. 2016-5-20

    比較サイトの思わぬ落とし穴【電力自由化】

    多すぎて困る 一般家庭も電気を選べるようになってから、50日が経ちました。 広域的運営推進機関に…
ページ上部へ戻る